Oラインのムダ毛をキレイにするには?

家庭用脱毛器 oライン

Oラインをキレイに脱毛したいけど、脱毛サロンは恥ずかしすぎる……!だけどセルフ脱毛って安全にできるの?

 

多くの女性が悩むOライン脱毛。なんとかしたいけれど脱毛サロンやクリニックには行きたくない。だけどカミソリは危険だし脱毛ワックスは痛そう!

 

そこで活躍するのが家庭用脱毛器ですが、それなりに高い商品を購入して「Oラインは脱毛できなかった」なんてイヤですよね。誰にも知られずに脱毛できる家庭用脱毛器こそ、Oラインをキレイに脱毛できるものでなければなりません。

 

そこで、Oラインのムダ毛をキレイに脱毛できる優秀な家庭用脱毛器を5つ集めてみました!

 

 

 

Oラインを安全に脱毛できる家庭用脱毛器BEST5

 

詳しい説明は後にして……、早速ランキングにまいりましょう!まずは当サイトで厳選したBEST5をごらんください。

 

 

ケノン
ケノン

 

第1位は、家庭用脱毛器売り上げNo.1をキープするケノン!

 

国内生産の強力なランプと肌に負担がかからない高品質フィルターで、VIO脱毛も簡単です。
数ある家庭用脱毛器の中でもダントツの照射回数を誇り、全身をくまなく脱毛した上に回数のかかるVIO脱毛を完了してもまだ残るほど。

 

部分脱毛のためだけの家庭用脱毛器はちょっと贅沢に思えてしまいますが、ラクラク全身脱毛ができるのなら、思い切って購入する価値はありますよね!購入価格は決して安いとは言えませんが、一生モノの美容家電として考えるならケノンは優秀です。

 

  • 価格:69,800円
  • カートリッジの種類:5種類
  • カートリッジの交換:可能
  • Oラインにおすすめ:ストロングカートリッジ
  • 出力レベル:1〜10段階

 

Oライン脱毛におけるケノンのメリット

・15mm×30mmの強力なストロングカートリッジ
・持ちやすいハンドピースと簡単な操作
・ランニングコストの良さ

 

Oライン脱毛におけるケノンのデメリット

メーカーではIOラインを推奨していないので自己責任になる

 

 

>>ケノンの公式サイトはコチラ

 

 

レイボーテグランデ
レイボーテグランデ

 

美肌ケアをしながら脱毛ができる、ヤーマンのレイボーテグランデ。皮膚科医による、肌への安全性も確認済みの脱毛器なので、敏感肌さんでも安心して使えます。

 

Oライン脱毛にぴったりのスモールランプ、全身脱毛で大活躍する12平方センチメートルのラージランプ、美顔器としても優秀なフェイスランプなど、レイボーテグランデ1台だけで身体中の脱毛とスキンケアが実現できます。価格は高額ですが、間違いなく高級品!肌荒れだけは絶対に避けたいOライン脱毛も、レイボーテグランデなら安心して使えます。

 

  • 価格:119,800円〜
  • カートリッジの種類:4種類
  • カートリッジの交換:可能
  • おすすめカートリッジ:スモールランプ
  • 出力レベル:1〜10段階

 

Oライン脱毛におけるレイボーテグランデのメリット

・肌に優しい脱毛ができる
・痛みに弱い人向けのSOFTモード搭載
・保湿力バツグンのボディジェルつき

 

Oライン脱毛におけるレイボーテグランデのデメリット

メーカーではIOラインを推奨していないので自己責任になる

 

 

>>レイボーテグランデの公式サイトはコチラ

 

 

2PSクリスタル(ツーピーエス クリスタル)
2PSクリスタル

 

VIO脱毛可能!としている数少ない家庭用脱毛器の1つ、2PSクリスタル。

 

もともと人気のあった2PSが改良され、なんと最大照射回数100万発にまで進化しました。それも、300万発の照射耐久テスト済みのカートリッジですから、使い終わり頃にパワー切れということはありません。

 

VIO脱毛は範囲は狭いですが、比較的太くて濃い毛が密集しているので、脱毛完了するまでにはそれなりに時間がかかると言われています。2PSなら、安心してじっくり取り組めるのではないでしょうか?

 

  • 価格:64,630円
  • カートリッジの種類:1種類
  • カートリッジの交換:可能
  • 出力レベル:1〜8段階

 

Oライン脱毛における2PSのメリット

・メーカー公認のVIO対応脱毛器
・照射面積が7平方センチメートルで使い勝手良し

 

Oライン脱毛における2PSのデメリット

カートリッジが1種類のみ

 

 

>>2PSクリスタルの公式サイトはコチラ

 

美ルルクリアベールミニ
美ルルクリアベールミニ

 

狭い範囲の部分脱毛におすすめしたいのが、美ルルのクリアベールミニ。

 

腕や脚のムダ毛は気になるほどではないけれど、VIOはしっかり処理したいと考えている女性も多いですよね。リーズナブルな価格と、照射面積3.1平方センチメートルのカートリッジは、まさに部分脱毛用!と言えます。軽くて持ちやすいので、自力では難しいOライン脱毛もお手のもの。慣れれば、スキンケア感覚でサッと脱毛できちゃいますよ。

 

  • 価格:29,800円
  • カートリッジの種類:1種類
  • カートリッジの交換:可能
  • 出力レベル:1〜5段階

 

Oライン脱毛におけるクリアベールミニのメリット

・メーカー公認のVIO対応脱毛器
・とにかく安い

 

Oライン脱毛におけるクリアベールミニのデメリット

出力がそれほど強くない

 

 

>>美ルルクリアベールミニの公式サイトはコチラ

 

トリアビューティー
トリアビューティー

 

これまで紹介した脱毛器とは違い、トリアは家庭用レーザー脱毛器です。せっかくOライン脱毛をするなら、徹底的にキレイにしたい!と思っている人におすすめです。

 

一般的にレーザー脱毛は医療系脱毛クリニックでしか施術を受けられませんが、自宅でのレーザー脱毛を可能にしたのがトリアです。もちろん、リスクを回避するためにクリニックと比べるとパワーは格段に落ちますが、家庭用光脱毛器よりも早く・確実に脱毛を完了することができると評判です。

 

  • 価格:54,800円〜
  • カートリッジの種類:1種類
  • バッテリーの交換:可能
  • 出力レベル:1〜5段階

 

Oライン脱毛におけるトリアのメリット

・部分脱毛にふさわしく照射面積が直径1cm
・光脱毛に比べて生えるスピードが格段に遅くなる

 

Oライン脱毛におけるトリアのデメリット

痛みが強いという口コミあり

 

 

>>トリアビューティーの公式サイトはコチラ

 

 

Oラインは家で脱毛するべき!納得の理由3つ

 

手足やワキの脱毛と違って、VIO脱毛って難しいですよね。それでもやっぱりVIOはセルフが良い!という女性が多いのには、理由があります。

 

誰にも見られずに脱毛できるから

これがもっとも多い意見。
脱毛サロンのスタッフは当然女性ですが、いくら同性とはいえOラインは恥ずかしいですよね……。事実、Vラインならまだ我慢できるけどOラインは絶対イヤ!という声もあります。恥ずかしさのレベルでいうと、「Vライン<Iライン<Oライン」というところでしょうか?

 

家庭用脱毛器の大きなメリットの1つが、脱毛していることを誰にも知られず、そしてその姿を見られずに済むこと。1人で脱毛器を使う分には、どんな格好をしても恥ずかしくないですし、痛ければ遠慮なく大声を出せますからね。

 

自由なペースで脱毛を進められる

基本的に脱毛サロンは1ヶ月に1回の予約で通いますが、脱毛器は2週間に1回のペースで使うことができます。それも、脱毛をする日を仮に決めていたとしても、急用が入れば翌日にずらせますよね。

 

脱毛サロンでは予約をキャンセルするとまた1ヶ月後に延期になってしまうケースが多く、人気店であればあるほど、その傾向が見られます。特にVIO脱毛は、生理と重なると絶対にアウト。これがあるので、なかなかサロンでの脱毛が完了しないと感じている女性も少なくないようです。

 

家庭用脱毛器の質が上がっている

実は、これが一番大きな理由かもしれません。
家庭用脱毛器が一般家庭に登場したのは、2005年にトリアビューティから発売した家庭用レーザーの「アイエピ」と言われています。その後、2009年に光脱毛器の「イーモ」が登場し、今では家庭用脱毛器=光脱毛というくらい主流になりました。

 

需要が高まるにつれ各メーカーの研究・開発も進み、現代の家庭用脱毛器は限りなくサロンに近いとまで言われています。1人で気軽に使えるとしても、価格が安くても、もし肝心の脱毛効果がなければサロンに通いますよね?家庭用脱毛器の質がどんどん上がってきていることで、恥ずかしい部位は家で脱毛できる!という考えが定着しつつあるのではないでしょうか。

 

家庭用脱毛器でOライン脱毛することのデメリット

 

残念ながら、Oラインをセルフ脱毛することのデメリットもあります。デメリット=要注意点でもあるので、しっかり覚えておきましょう!

 

慣れないうちは難しい

家庭用脱毛器 oライン

脱毛部位を目で確認しながらカートリッジを当てて照射をする、ということができないOライン脱毛は、手順に慣れるまでは大変です。VIラインは椅子に座って鏡を見ながら……という人が多いようですが、Oラインは身体の後ろ側にありますからね。

 

脱毛前のシェービングからして注意が必要なので、慣れるまでは慎重に進めていくことが大事です。

 

肌トラブルが起こるとツラい

家庭用脱毛器 oライン

VIOラインの皮膚はデリケートなので、あまり出力レベルを上げてしまうと肌が赤くなったりヒリヒリしたりといったトラブルが考えられます。腕や脚ならまだしも、VIOラインの肌荒れってツラいんですよね……。排泄の問題もあるので、これは深刻です。

 

  • 痛みを感じなくても必ず冷やす
  • 出力レベルは低めからスタートする
  • 連射モードを使う

 

このように、肌に負担をかけない工夫をしてみてくださいね。

 

 

Oラインは自己責任!というメーカーが多い

多くの家庭用脱毛器メーカーは、VラインはOKですがIOラインは非推奨としています。言うまでもなくこれは、IOラインがデリケートな部分であることが大きな理由です。

 

ですが、実はOライン対応の家庭用脱毛器の公式サイトにも、粘膜部分には注意が必要と書かれています。つまり、絶対安全とは限らないのです。Oライン非推奨にしても、Oライン対応にしても結局は同じ原理で脱毛をしているので、メーカー側の見解云々よりも「安全に正しく使うこと」が重要になります。

 

デメリットをふせぐ!家庭用脱毛器でのOライン脱毛のやり方

 

Oラインのセルフ脱毛は危ない?と思ってしまったかもしれませんが、やり方さえ間違えずに注意深く行えば大丈夫!基本の脱毛方法と、Oライン脱毛のコツをまとめました。

 

Oライン脱毛の基本スタイル

Oライン脱毛も、他の部位と基本は同じです。

  1. 前日にシェービングを済ませておく
  2. 脱毛部位を冷やす
  3. 照射する
  4. 再度冷やす
  5. 化粧水や美容液などで保湿する

 

大体こんな感じですが、Oラインの場合は目視できないので、当然のことながら鏡に頼ることになります。独立し、さらに角度を変えられるスタンドミラーを用意しましょう。

 

Oラインを脱毛する時にもっともやりやすいのは、しゃがみ込んだスタイルで行うことです。とは言え、いわゆる「ヤンキー座り」はお尻が締まってしまうのでNG。自然にしゃがむのがベストです。お尻が映る角度に鏡を調節し、保冷剤を当てながら慎重に照射してください。

 

 

脱毛時はショーツ着用!おすすめはTバック

家庭用脱毛器 oライン

脱毛サロンでVIO脱毛をする時も、大抵の場合は紙ショーツを着用します。少しずつずらしながら進めていく感じですね。これは、脱毛される側が恥ずかしさを感じないようにという配慮でもありますが、安全のためでもあります。自宅でOライン脱毛をする時も、必ずショーツをはきましょう。

 

一番良いのはTバック。お尻の穴はしっかり隠し、ムダ毛の部分を覆うことがない最適なデザインと言えるでしょう。Oライン脱毛のためにわざわざTバックのショーツを買う必要はありませんが、お尻をすっぽりと覆ってしまうものよりも、布面積が小さいショーツの方が良いですよ。

 

あると便利なサージカルテープ

家庭用脱毛器 oライン

医療用サージカルテープというのは、包帯やガーゼをとめるための白いテープのことです。薬局やドラッグストアに売っていますよね。全身脱毛をする時にホクロや傷を隠すのに便利ですが、Oライン脱毛でも大活躍!お尻の穴を隠すのにちょうど良いのです。絆創膏ではテープの先が脱毛部位に重なってしまうことがありますし、ティッシュペーパーはヒラヒラして邪魔になります。押さえている必要もありますしね。

 

その点、サージカルテープならちょうど良い長さに切ることができるので、ピンポイントで使えるんです。白なので、脱毛器の光が反応することもありません。お尻の穴を指で隠すという方法もありますが、衛生面を考えるとサージカルテープが最適だと思います。

 

 

まとめ

家庭用脱毛器 oライン

Oラインのムダ毛がなくなるとスッキリ清潔&快適で、もう前の状態には絶対に戻れない!という人が多いようです。Oライン脱毛を始める男性も増えてきている現代、女性がそれをしないわけにはいきませんよね!

 

サロンでのOライン脱毛は、恥ずかしいやら痛いやらで挫折してしまう女性も少なくありませんが、家庭用脱毛器なら大丈夫!キレイなOラインを手に入れるべく、今すぐアクションを起こしてみませんか?